ただいまブログ更新修正中 旧ブログ

フランス競馬平地 Prix la Force フォルス賞

フランス競馬3歳限定
  • URLをコピーしました!

ジョッキークラブ賞へのトライアルレース。

勝馬には、

Al Nasr アルナスル
Dream Well ドリームウェル
Holding Court ホールディングコート
Literato リトゥラト
Saonois ソノワ
Silverwave シルヴァーウェーヴ
Cloth of Stars クロスオブスターズ

などがいる。

目次

2023/04/09 : ParisLongchamp ロンシャン競馬場

5レース – Prix la Force フォルス賞 2023

15h50
平地 – G3 – 80 000ユーロ – 1800m – 8頭
3歳牡馬

予想印

–01  Padishakh  08  M3  58  C. Demuro
–02  Duc de Kent  06  H3  58  O. Murphy
–03  Birr Castle  05  M3  58  M. Barzalona
本04  Horizon Doré  07  H3  58  M. Grandin
対05  Rashford  03  M3  58  C. Soumillon
単06  Greenland  02  M3  58  R.-L. Moore
–07  Zalamo  04  M3  58  S. Pasquier
穴08  Big Rock  01  M3  58  A. Lemaitre

レース予想

まずは、リステッドのPrix Delahante ドゥランテ賞を6馬身差で圧勝した、本04 Horizon Doré オリゾンドレ。サンデー系ダビルシム産駒である。

次いで、G3のPrix de Condé コンデ賞僅差2着の、対05 Rashford ラシュフォード。

英G2のRoyal Lodge Stakes ロイヤルロッジSで最下位に敗れたとはいえ、全頭僅差だった、サンデー系ディープの仔、単06 Greenland グリーンランド。

最後にリステッドのPrix Maurice Caillault モーリスカイヨー賞圧勝だった、穴08 Big Rock ビッグロック。

レース結果

01着 穴08  Big Rock  A. Lemaitre  1’49”63
02着  01  Padishakh  2.5馬身
03着 単06  Greenland  アタマ
04着 対05  Rashford  1.5馬身
05着 本04  Horizon Doré  3馬身
06着  03  Birr Castle  3馬身
07着  07  Zalamo  半馬身
08着  02  Duc de Kent  9馬身

レース展開

レース映像

逃げた穴08 Big Rock ビッグロック。けれんみのない逃げでしたが、直線も淡々と運び、いったんは01 Padishakh パディシャクに交わされかかりましたが、しっかり伸びて2馬身半の差をつけて快勝。

この馬これで3連勝ですが、スパッと切れる脚はなさそうで、最後に敗れたレースも、オールウェザーということもあるのでしょうが、3番手追走からじりじり捕まるという展開。

今回のように、行ってしまうのがいいのでしょうね。

スタミナもあるのであれば、今後はどこまで行けるか楽しみですね。

血統

穴08 Big Rock ビッグロックは、ダンジグ系ロックオブジブラルタル産駒。母父ダンジグ系シーザスターズ。

他、ミスプロ、ボールドルーラーなど、スピードに勝る感じの配合にデインヒルからのリボーのスタミナも入り、そのあたりが、長く持続するスタミナにつながっているのかもしれません。

距離はどこまで融通利くのかわかりませんが、この馬にとっての適正ある走りが見つかって、今後も楽しみですね。

こぼれ話

2022/04/10 : ParisLongchamp ロンシャン競馬場

5レース – Prix la Force フォルス賞 2022

16h25
平地 – G3 – 80 000ユーロ – 1800m – 6頭
3歳牡馬

予想印

本01  Caracal  M3  58  C. Demuro
単02  Dreamflight  M3  58  O. Peslier
–03  Mister Saint Paul  M3  58  T. Bachelot
穴04  Valmer Magic  M3  58  Mlle M. Vélon
–05  Machete  M3  58  S. Pasquier
対06  Tumbler  M3  58  M. Guyon

レース予想

まずは、ボルドーで2連勝、計4馬身差つけてきた本01Caracalカラカル。
Caracalカラカルの父は、Zelzalで、マイルのジャンプラ賞馬。ダンジグ系で、シーザスターズの系統です。
Caramantaカラマンタは、ミスタープロスペクター系ザミンダー産駒。
他、ロックオブジブラルタルから、キングマンボなどなど、ダンジグとミスプロがウネウネと混じってます。
今、ノーザンダンサー系では、スピードのある血、ダンジグか、ヌレイエフかという感じで、サドラーズウェルズは、障害馬にスピードを与えている感じですから、この血統は、なるほど、今らしい組み合わせ。

–03Mister Saint Paulミスターサンポールと穴04Valmer Magicヴァルメルマジックに先着している単02Dreamflightドリームフライト。
サドラーズウェルズ系のなかでは、一番勢いのあるガリレオのライン。その仔フランケル産駒です。母方はダンジグ系ですから、スピードの血も挿入。G1は敗れましたが、ここ出走各馬をやぶって再び軌道修正。

おなじみシャネルブルーの対06Tumblerタンブラー。
相手関係もあるんでしょうが、もったまま10馬身差をつけてここへ。
ダンジグ系キングマン産駒。母父ミスタープロスペクター系ディストーテッドヒューマー。

レース結果

01着  03  Mister Saint Paul  T. Bachelot  1’59”54
02着  02  Dreamflight  短アタマ  
03着  04  Valmer Magic  1馬身  
04着  06  Tumbler  1.25馬身  
05着  05  Machete  3/4馬身  
06着  01  Caracal  6.5馬身 

レース展開

レース映像

好発の03Mister Saint Paulミスターサンポール。

少し馬場を選んでの逃げ03Mister Saint Paulミスターサンポールの内を突いて06Tumblerタンブラーが行きます。

03Mister Saint Paulミスターサンポールが、直線再び先頭に立つと、追ってきた02Dreamflightドリームフライトに差されそうになりながら、最後まできっちり足を使ってしのぎ切りました。

血統

ミスターサンポールは、ストームバード系ダリアン産駒。母父ミスタープロスペクター系イリューシヴシティ。

こぼれ話

ミスターサンポールは、強い勝ち方でしたね。フロック感も無く。
少頭数でしたが、結果まぎれの無いレース運びでした。
そのなかで、初勝利に5戦かかったこの馬が、いい勝ちっぷりを見せて、ここを抜けました。

こうした背景に大きなものを持たない馬のなかから、現れ出るのが、フランスらしいのですね。
SaonoaソノワやCirrus des Aiglesシリュスデゼーグルなんかもそうですしね。
ただ、この2頭も序盤から勝ち上がってましたがね。
この馬の場合、勝ててもないですからね。

Mister Saint Paulミスターサンポールも、まだ、受賞ウィーナーとはいえ、ここは序盤の序盤。

フランス競馬3歳限定

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次